2007年08月04日

デジタル一眼レフの内蔵手ぶれ補正って最高!

デジタル一眼レフに転向した私がまず最初に感動したのが内蔵されている手ぶれ補正機能についてでした。私の今の愛機はPENTAXのK10Dなのですが、従来のMZ−3から転向してまず感じたことは手ぶれしにくいということでした。コンパクトデジカメで手ぶれ補正機能がでたときは、「こんな機能ほんとにいるのかしら・・」と思っていたのですが、自分が実際に使ってみるとその便利さにビックリです。まず光量が少ない暗い場所での撮影に圧倒的な力を発揮します。これはCCDの感度やオートの機能によるところも大きいと思いますが、まず第一に感じる部分です。


あとはズームレンズを使った時ですね。銀塩一眼レフカメラのMZ−3の時は曇天で遠くの被写体を狙ったときはシャッタースピードを気にすることが多かったのですが、昼間ならあまり気にしなくてもぶれることはありません。こうした手ぶれ補正という技術は確実に撮影者のストレスを少なくしてくれる技術ですよね。前回の投稿でデジタル一眼レフはバッテリがなくなると撮影できないからヤダと書いてしまいましたが、それ以上のメリットを享受できていると思います。


デジタル一眼レフの特徴からは少し外れますが私がK10Dで気に入っているのはファインダーの視野の広さです。もともとペンタックスは広い視野角で有名なのですが、このK10Dは明らかに明るく、広いです。従来は覗き込む、といった感じですが、目に当てるだけで、そこに実世界が拡がっているかのような錯覚に陥ります。これはさすがペンタックスといったところでしょうか(笑)


あとは色んな露出・シャッタースピード、設定が自由自在に楽しめるのもデジタル一眼レフのよいところですよね。フィルムだとどうしてもコストを気にしながらの撮影になりますがデジタルはその場で結果を確かめられるしダメならけせばいいという気楽さがよいですよね。一眼レフの初心者こそ、こうしたデジカメでいろんな撮影条件をためしてみるとよいと思います。いろいろと勉強になりますからね。
posted by camera at 08:57| デジタル一眼レフ最新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。